着物は誇りだと感じさせてくれた

はじめて着物をしっかり来たのは七五三の時だったと思いますが、特別な衣装で暑かった記憶ばかりが残っています。ただ、両親や祖父母などが喜んでくれていた印象などと相まって、私の中では着物は特別だという印象がとても強く残りました。
大学入学後に母が成人式に来てほしいと出してくれた振袖がありました。朱色であでやかな模様が美しい振袖でしたが、正直最初はえぇ?自分で選ばせてくれないの?と思ってしまいました。しかし、母の気持ちも考えて成人式はこの振袖にしました。周囲が華やかな現代風の着物を着ているさなか、私は母から受け継がれた朱色の振袖に手を通してみて、「あぁ、着物って受け継いでいけるんだな」と思いました。もちろん友人たちのように現代風の若者受けする着物を着たかった思いもありました。ただ、祖母から母へ、母から私へ引き継がれた着物を見て家族の誇りを感じずにはいられませんでした。私自身が母となりこの着物を娘たちが美しいと言ってくれた時、その気持ちがより鮮明に私の中に生まれたのを感じました。
着物は古臭いと思ったことも正直ありましたが、それは自分が着付けの仕方を知らないからだというのも実感しました。子供たちに受け継いでもらえるかはまだ先のことなのでわかりませんが、子供たちがこんな気持ちを持ってくれたら嬉しいなと今は思っています。

思いきって着ない着物を売ることにしました!

以前は着物が大好きだったのですが、数年間ほどんど着ることがなくなり、先日引越しを機会に不要な着物をすべて売ってしまいました。質の良い物や、お気に入りの着物、高価な着物は数着残しましたが、あとはもう着ないだろうと思って売ったのです。

正直着物って売れるのかなと思ったのですが、想像していたよりも高値で着物売ることができたので本当に良かったです。あのまま私がタンスにしまっておくよりも、誰かにまた中古品として使ってもらったほうが着物だって喜びますよね。売るときは、やっぱり売らないでおこうかなぁなんて思いました。昔の着物を愛してた時代を思い出してしまったんですよね。

でも売ってしまったらスッキリしましたし、新居に沢山の着物を持って行くのはとても大変だったので、結果として良かったと思います。それにまた着物が着たくなったり、興味が出てきたら買えばいいわけですから・・・。今まで新品ばかりを買ってきましたが、中古品の着物も意外と質が良いんだとわかり、今度は中古品の着物を買うと思います。下駄や小物なども引き取ってくれたのでホっとしました。

今はあまり着物を着ている人を見ませんが、やっぱり着物って良いです。売ってしまってから、だんだんまた着物が気になってきている私です。

留袖は重く感じました

先日、子供が結婚したので、私は初めて留袖を着ました。
普通の着物と違って、留袖は比翼仕立てなので黒い衿の中に白い衿を重ねますが、私は着付けの時、紐をきつめに締められるとすぐ気分が悪くなるので、緩めに着付けて貰いました。衿を止めるゴム製のベルトは、ゴムで締め付けられそうなので断りました。

これが仇となり、披露宴の途中でな時テーブルの母から「衿の折り返しが外へ出てしまってヒラヒラしているから、最後のご挨拶までに着付け直して貰いなさい」と言われてしまいました。仕方なく、子供のお色直しと一緒に私も更衣室へ行って、また長襦袢姿から着付け直して貰いました。

式場の方は手慣れているので、あっという間に帯まで結んで頂き、子供達の再入場より前にビシッと着付け直した姿になることが出来ました。
やはり襟元が崩れていると、だらしない感じになるので、今度からは衿を止めるベルトはしようと思います。

また、袖口や裾は2枚重ねでも崩れることはありませんが、やはり2枚になり、更に裾のフキには薄くですが綿が入っているので、普通の着物よりやや重く感じました。
肩がこる程ではありませんでしたが、着物でもこんなに違うものかなと思いました。
子供はあと2人います。
見苦しい格好にならないように、着物を着る機会を増やしたいと思います。

着物の種類

街中で着物を着ている方を見るとつい見とれてしまいますよね。そんな方々が着ている着物には実は種類があるのです。種類を知ることによってその方が何をしに行くのかわかってしまうかもしれませんね。
まず着物には『格』というものがあり、その格が高いものほど大事な席で着られることが多いのです。例えば黒留袖や色留袖といった留袖。これらは礼装として最も格が高い着物とされており、結婚式などのハレの日に着られるものです。黒留袖は既婚女性のみのものですが、色留袖はどちらでも着ることができます。紋の数によっては訪問着付け下げとして着用することも可能です。
同じく礼装に適しているのが黒紋付です。これは既婚未婚を問わず着ることができます。帯を華やかなものにすると結婚式などに、黒共帯にするとお葬式など弔事にとそれぞれ着用が可能となっています。
先ほど少し出てきた訪問着と言うのは、絵羽という模様がついたもので、披露宴やお茶会などの改まった席に適しています。また、付け下げというのも同様の席で用いられますが、こちらは模様が全て上に向いているという特徴があります。
その他にも日常的に着られるものなど幅広くあるので、TPOに合った着物を着たいものですね。

着物は日本独自の民族衣装

最近は着物姿を見かけることもぐっと少なくなりました。2005年には6000億の市場規模があったものが、この数年3000憶と半減してしまいました。
今から30年ほど前1985年頃は1兆2000億ほどの市場であったことも踏まえ、着物市場の衰退ぶりは著しいものがあります。

しかし、着物は日本独自の民族衣装であり、日本の文化そのものです。何とか、後世に伝え遺して頂きたいものです。着物がブームになることは
難しいとしても、成人式、結婚式、習い事、入学式や卒業式など以外にも、デートや小旅行など少し改まった時にでも着てみようかな
と思える環境になると良いと思うのです。

なかなか皆きものをお召しになることが無いのは、いろいろ理由があると思いますが、大きく分けて着る機会が無いことと、自分では着れないと言う
ことが大きいと思います。まず着物業界は販売することも大切でしょうが、沢山の人が着物に袖を通す機会を作ったり、無料の着付け教室などを各地で
開いて着物を身近なものにする努力がもっと必要でないかなと思います。

学校関係も着付けなど授業に取り入れても良いと思います。礼儀作法やお茶や、お花、将棋、囲碁などと組み合わせたら立派な教育の一環になると思います。
日本独自の民族衣装である着物文化は日本の古くからの文化なので是非、後世に隆々と遺してもらいたいと思うのです。

着物を日々の生活の中でもっと活用していきたい

私は着物を3着持っています。

一つはイベントで頂いた久留米絣の着物です。

もう一つは、成人式の時に作ってもらった振袖です。

そして結婚する時に、訪問着を作ってもらいました。

成人式の着物は姉と共同で使用したのですが、大変高価な生地で作ったので自分の子供が成人の時にも裾を治せば活用出来そうです。

訪問着は結納の時と結婚式の時と出産してから、神社にお参りにいった時に着ました。

それも大変良い生地で作ってもらったので、着物も帯もそれぞれ何世代でも活用していけそうです。

普段着物を着る機会はほとんどないので、いつも実家の桐ダンスの中にしまっているのですが、たまにはカビが生えていないか?虫に喰われていないか?といったチェックもしなくてはいけないと思いつつも、ついつい忙しくてそのまま何年も桐ダンスの中にしまったままの状態です。

着物って着た時には大変美しいし羽織るだけでも優雅な気持ちになるのですが、管理するのがなかなか大変だなと思いました。

幸い姉が着物が大好きなので、たまに私の着物も着てくれるからその時に陰干しをしてもらっています。

せっかく素晴らしい着物を作ってもらったので、閉まったままにせずにたまには歌舞伎やクラシック鑑賞の時に活用していきたいなと思いました。